スポンサーリンク

平屋のメリット・知っておきたいデメリットの話。

昔のような大きな敷地に大きな平屋とは行きませんが、最近は核家族が増え、1世帯の人数が減ってきたこともあり、平屋は今でも根強い人気です。今回は、そんな平屋のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

平屋の中古住宅を探す

スポンサードサーチ

【平屋のメリット】

生活をワンフロアで移動が楽。

階段がないので、ワンフロアで移動が楽です!どのお部屋にも行きやすく、シンプルで楽な生活動線が魅力です!毎日の移動負担を減らすことができ、動きやすい・使いやすいという点が最大のメリットだと考えます。

片付け、掃除がしやすくなる

すべてが見渡せて、生活動線も単純ですから、2階建てと比べて片付けや掃除がしやすくなり、清潔に保ちやすいです。

階段がないため子どもや高齢者も安心

階段がない為、小さな子どもが階段の上り下りをして怪我をする心配がなく安心して生活できます。そして、高齢者にとって階段の上り下りは転倒の危険がありますし、体力的にも負担が大きいです。そのため、将来バリアフリー仕様にリフォームをすれば老後も安心して生活ができます。

メンテナンスしやすく費用も抑えられる。

住宅を長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスが必要です。例えば、2階建ての屋根や外壁のメンテナンスする場合、足場を組む必要がありますので、その分費用がかかります。その点で平屋はメンテナンス費用を抑えることができます。

台風や地震などの災害に強い。

2階建てに比べ、家の高さが抑えられて重心が低くなるので、構造的にも強いというのも平屋の魅力です。地震や台風に対しての危険も軽減します。

家族とのコミュニケーションが取りやすい

ワンフロアですから、家のどこにいてもお互いの気配を感じられます。家族で顔を合わせる機会が増えるため、家族のコミュニケーションが取りやすくなります!

平屋の中古住宅を探す

デメリット

広めの敷地が必要

基礎や屋根の面積が広くなり、その分だけ2階建てよりも大きい土地が必要になる場合が多いです。

建設費用が高くなる場合がある

工事にかかる建築費が高くなる場合があります。2階建てと比較すると、平屋の場合、基礎や屋根の面積が広くなり、その分だけ費用がかかります。中古住宅の場合は、その心配はする必要はありませんが。

環境によっては日当たり問題

どの部屋にも窓を設けられる設計なら問題はありませんが、建築面積が広くなるほど、建物の中心部は陽当りが悪くなりがちです。中古の平屋を探す場合は、朝・昼・夕時間帯を変えて内覧をすれば陽当り具合がよりわかりやすいのでおすすめです!また、周囲の環境が変わって陽当りが悪くなる場合もある為、例えば南側に大きな空き地があれば、将来大きな建物が建って陽当りが悪くなる可能性もあります。家の中だけでなく、周辺の環境もきっちり見ておきましょう!

プライベートの確保が難しい

家族間のコミュニケーションが取りやすいですが、逆を言えば家族間のプライベートを確保するのが難しい場合もあります。こちらのデメリットの回避方法としては、ロフトを作ったり、パーテーションで仕切るなどの工夫があると快適に過ごすことも可能ですよ!

【まとめ】

いかがでしたか??

将来を見据えて「終の棲家」として平屋を視野に入れて選択をしてみるも賢い選択かもしれませんね。子供が巣立ったあとは夫婦で。老いても生活がしやすい。そんな将来のライフスタイルを見越して平屋という選択もアリですね!

2階建ても平屋のデメリットはあります。きちんと理解して、解決方法を見つければ憧れの快適な平屋ライフを手に入れることができますよ!

平屋の中古住宅を探す

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする