スポンサーリンク

[中古物件購入]消費税はかかるの!?

今回は中古物件購入の際の消費税のお話です。

高額な家電や車、住宅を購入する際に気になる消費税ですが、2019年10月には10%への引き上げられる予定なので増税の影響があるのか気になる所ですね。

【中古物件にかかる消費税】土地は非課税。建物は課税対象。

中古住宅も中古マンションも物件価格には消費税がかかります。もっと掘り下げて言うと、土地は非課税、建物は課税対象となります。この考え方は新築の場合も同じです。

ただ、中古住宅の場合、建物も非課税になる場合が多くあります。

そもそも消費税とはどのような時に払う必要があるのかというと、原則商品販売やサービスを行う[事業者]に課税されるものです。なので、不動産会社や建築業者などの[事業者]が売主の場合は【土地は非課税、建物は課税】の対象で消費税を払うことになります。

逆を言えば、[事業者]でない[個人]が売主であれば、建物にも消費税がかからないのです。

課税対象の物件は全体の1割程度

消費税がかかる物件(事業者が売主)がどのくらいあるのか。答えは書いていますが、中古住宅情報センターが登録している物件ですと全体の約1割程度が課税対象の物件です。

想像よりも多かったですか?少なかったですか?

実は、売り出している物件のほとんどが、個人の方が売りに出している消費税がかからない物件なのです。

かといって2019年10月に消費税が10%になってもそこまで影響がなさそう!と言うわけでもないのです…。

物件価格に消費税がかからない物件を購入する際でも、その他の費用には消費税がかかる費用があるからです。

中古住宅購入費用で消費税のかかるものとかからないもの

中古住宅を購入する際は、物件価格以外にも様々な諸費用がかかります。主に以下のような費用が別途かかります。このような費用にも消費税がかかるものかからないものがあります。

消費税がかかる
□消費税がかからない

[登記関連]
司法書士手数料
□登録免許税

[融資関連]
■融資事務手数料
□金消契約印紙代
□保証会社保証料
□団信生命保険
□火災保険・地震保険

[その他]
仲介手数料
□固定資産税
□契約書印紙代金
リフォーム費用
引越し費用

以上のように、中古住宅を購入する際には様々な費用と消費税がかかるものとかからないものがあります。

更に詳しくお知りになりたい方はお気軽に中古住宅情報センターまでご一報下さい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする